子どもたちへの間接的支援活動

より多くの子どもたちのために

子どもたちのケアを現場でしっかり行っているNPOなどを支援していくプロジェクトです。

資金的支援、活動アドバイスなどを行なっていきます。

より多くの子どもたちが助かるように、その輪を広げていきます。

子どもたちのことを考え頑張っているNPOなどの団体が全国にはたくさんあります。しかし、その運営が厳しい団体も少なくありません。子どもたちのケアを現場でしっかり行っている団体が継続して活動することは、子どもたちを救い笑顔を守ることにつながります。ハートリボン運動は、そのような団体を点から線にして面にしたいと考えています。

支援している団体

目的は子どもたちのためであることに、皆さん変わりはありません。時間がかかると思いますが、それぞれの活動が助け合いより多くの子どもたちのケアができることを目指しています。

認定NPO法人3keys(スリーキーズ)

生まれ育った環境によって子ども権利が保障されない子どもたちをゼロにすることを目指し、自立や権利保障の観点から必要な支援・情報が十分に行き届く社会の創造に寄与することを目的に活動しているNPO法人です。

<事業内容>

学習支援事業として、児童養護施設や母子生活支援施設などで暮らす子どもたちに、学習ボランティアの派遣や放課後教室の運営、施設への入所経験は問わない10代後半向けの拠点型学習支援を行っています。 子どもの権利保障推進事業として、インターネットに駆け込んだ子どもたちが、安心して頼れる大人とつながるように、10向け支援サービス検索・相談サイト「Mex(ミークス)」を運営しています。 啓発活動事業として、支援の現場で見えてきた子どもたちの格差・貧困・社会保障の現状を、講演やメディア発信などを通して社会に伝え、問題を生み出している課題の改善に取り組んでいます。 →認定NPO法人3keysホームページはこちら

FapqyLand(ファッピーランド)

傷ついてしまった魂を抱え込んでいる方、または、そのご家族共に1組ずつ大事に迎え、奇跡を起こす日を作り出すことを目的に、夢いっぱいの世界を自由に見学出来る場所を長崎県五島列島に作るプロジェクトです。悲しみ、苦しみ、悔しさ、嫉妬心や許せない思い、失った自信、苛まれる孤独、消えない恐怖、常に比べてしまう気持ち、マイナスしか考えられない思考などを引き出し、傷ついた魂を強く輝かせ、本物の自信を身につけ、ハッピーなことを想像出来る力を育てる宿泊劇場を目指しています。

優しさで包み込むことも厳しい事の奥にある愛も悲しみの先の輝きも大切な感情。喜怒哀楽を引き出し遊ばせ感情があるってどんなにファッピーな事かを知ってもらう。 映像や演劇をもちいて、今後、悲しみに負けない自信を持ってもらう。自分は人生の主役である事に気付き、やる気と意欲に満ち溢れるようになる。苦手な人がいなくなる、失敗を楽しめるようになる、誰とも比べないようになる。 演劇と映像の手法を使い心のチャンネルを変えて、自己の輝きを生み出させます。演劇の世界はどんな人物にもなれてどんな世界にも行けて、どんな夢も叶えられる!その事を通じて想像力を膨らませる力を身に着ける劇場。 →FapqyLandホームページはこちら

虹色プロジェクト

子どもたちの描いた作品、思うままに自由に描かれた絵は、その時にしか生まれない一生に一度のアートである。それを、母親たちの手を加える(染める)ことで日常につかう雑貨などに変化させ、ハンディキャップのある子どもたちを支援している団体です。

作ることと使うこと両方を楽しんでもらいたいという思いを込めて活動しています。文化芸術に親しめる子ども達の育成と小さな経験が成長の過程で、大きな自信につなかっていくような経験のできるワークの企画、運営を行い、世代を超えて手しごとを通して交流できる機会を作る為の拠点として様々な年代の人が集える活動を行っています。子どもたちと一緒に楽しむ時間を大切にし、絵にあふれる子どものエネルギーや無垢さを日々目にし手に取ることで、子育て時期の様々な思いも形にしていくことを活動方針としています。 →虹色プロジェクトFacebookはこちらト