支援企業のご紹介

ハートリボン運動、みんな食堂に賛同し、ご支援いただいている支援企業を紹介します。

(2021年8月15日現在/順不同)

スポンサー企業

アエラホーム株式会社

代表取締役 中島鷹秀

アエラホームは、「より良い家を、より多くの方に」を基本方針として、外張断熱工法による高気密・高断熱の高性能住宅やリフォームを提供する住宅メーカーです。家族が快適で健康に笑顔で暮らしていける住宅を提供することが私たちの使命だと考えています。

家族が笑顔で暮らしていくうえで、一緒に暮らす子どもの笑顔は必要不可欠です。近年子どもたちのいじめ問題が大きくクローズアップされていますが、子どもたちがずっと笑顔でいられる社会であるためにも、「いじめをなくし、思いやりのある社会」について深く真剣に考えることが必要だと思います。

私たちアエラホームは、「いじめをなくし、子供たちの笑顔を守る」ハートリボン運動の趣旨に賛同し、この活動を通して多くの子どもが笑顔でいられるために積極的に取り組んでまいります。

→アエラホーム株式会社ホームページ

株式会社オウケイウェイヴ

創業者・取締役会長 兼元謙任

当社「OKWAVE(オウケイウェイヴ)」の「O」は「Oshiete(教えて)」、「K」は「Kotaeru(答える)」の頭文字をとっています。「教えて(質問)」と「答える(回答)」を仲介し、誰もが抱えている疑問や悩み、望みを『OK』な状態にし、それを『WAVE(波)』のように世界に広げていくという意味を込めています。

創業以来、企業理念として掲げている「互い助け合いの場の創造を通して、物心両面の幸福を実現し、世界の発展に寄与する」ことをMISSIONに、Q&Aサイトの運営や企業向けのFAQシステムの提供を行っております。そして、このような助け合いによって生まれる“ありがとう”を可視化し、多くの感謝を集める方々が報われるような社会「感謝経済」プラットフォームの実現を目指しています。

私たちオウケイウェイヴは「いじめをなくし子どもたちの笑顔を守る」ハートリボン運動の趣旨に賛同し、この「感謝経済」プラットフォームを通じて生まれた“ありがとう”の気持ちを通じて応援させていただいております。

私自身、少年期には国籍を理由に、いじめを受けた経験があります。オウケイウェイヴを創業し、世界で初めての、あらゆる助け合いに特化したQ&Aサイトを開設したのは、かつて私自身が親にも言えなかったいじめの相談ができる場になってほしいという願いからでした。実際に多くの方々にいじめの問題についてもQ&Aを取り交わしていただいており、多くの“ありがとう”が生み出されています。

コロナ禍がまだまだ予断を許さない中、子どもたちを取り巻く環境はさらに変化しています。ハートリボン運動を応援させていただくことで、あらためて「子どもたちの笑顔を守る」ためにできることに邁進していきたいと存じます。ありがとうございます。

→株式会社オウケイウェイヴホームページ

エヌエスティ・グローバリスト株式会社

代表取締役 山本直

エヌエスティ・グローバリストの社是は「挑戦」。

そのため、当社はITを軸とし、システムや技術をベースにその技術に裏付けされた経験を基に社会の為、「人」の為に貢献していくという事を第一義に考え、こだわらない、 でもこだわって挑戦するという心を持ち続けます。この思いは社会を通じて「人」が「家族」であり、その「子供たち」であったりします。

昨今の「子供たちのいじめ」は大きな社会問題でもあります。私たちも社会貢献の心得を活かし、「子供たちに出来る事」を模索し続けています。

私たちエヌエスティ・グローバリストは「いじめのない社会」と「こどもたちの笑顔」を趣旨とするハートリボン運動に賛同し、小さなことから出来る事を「挑戦」しつづけます。

→エヌエスティ・グローバリスト株式会社ホームページ

みんな食堂を支援いただいている方々

子どもたちのため、みんな食堂に、設備・運営・食材提供にてご支援をいただいております企業様、生産様をご紹介いたします。

 

サポート企業

募金箱設置