企業・団体の方へ

企業として大人として子どもたちのためにお力を貸してください。

企業は利益を上げるとともに、その利益を社会に還元し、人を育てる義務も負います。企業価値を高めるためにも、社会貢献が求められます。それは「自分たちだけよければよい」という身勝手な考え方ではなく、「みんなで助け合い成長する」という企業倫理でもあります。

子どものいじめ問題についても「知らない、何もしない」では、企業としての価値が問われます。企業として大人として子どもたちのためにできることがあるはずです。是非、私たちの活動にお力を貸してください。

目に見える社会貢献(CSR活動)

社会貢献CSRとは企業の社会への影響に対する責任。つまりは「社会」「環境」「倫理」「人権」「消費者」であり企業活動そのものです。

「子ども=人」を尊重し大切にする、社会的責任として基本となるCSR活動として、ハートリボン運動をご支援ください。企業のスタークホルダーにとっても非常に意味のあるCSR活動となるはずです。

企業における人間教育として

社会的貢献をしつつも企業活動にしっかり繋げていく。これが企業の考える理想的なCSRの形です。「命の大切さを伝え、いじめをなくし、思いやりのある社会」の実現を目指すオレンジハートリボン運動は、人を思い心を動かす活動です。子どものいじめを焦点としますが、人としての心を育てる企業姿勢を打ち出すことにもなります。

子どもたちのいじめの問題は社会の縮図であり、健全な企業姿勢と環境が倫理観を育て人権意識を形成し、企業における人間教育へとつながるはずです。

企業・団体からの支援

オレンジハートリボン運動を正会員・賛助会員となって支えていただける企業・団体、評議員として活動に参画していただける企業・団体、ご寄付いただける企業・団体を募集しております。

パートナーシッププロジェクト

営利目的として、ハートリボン運動を広げながら活動できる企業・団体を対象としたプロジェクトです。正会員である企業に限られます。

→詳しくは「パートナーシッププロジェクト」をご覧ください。