ドッグセラピーによる心のケア

動物に触れ合うことで、子どもたちの心を癒します

心ない犯罪が増え気軽に外で遊べない現代社会において、子どもたちはいろいろなストレスを受ける環境にいます。

心が追い込まれることは、暴力的になったり弱い者いじめをしたりすることにもつながります。

動物は不思議な力を持っています。

ドッグセラピーによりその心を癒し子どもたちの心をケア、優しい心を育みます。

訓練を受けたセラピードッグが伺います

必要な訓練を受けセラピー犬認定を受けたセラピードッグを派遣します。「しつけ」「訓練」「服従」をトレーニングで身につけておりますので、声を出したり、触れられても嫌がることはありません。訪問中は排泄もしません。セラピードッグは多くの方に触ってもらうことが仕事のひとつです。小さなお子さんや動物が苦手な子どもでも安心して犬に触れ合うことができます。

<主な訪問場所>

  • ・保育園
  • ・幼稚園
  • ・養護施設
  • ・小中学校
  • ・子ども病院

※対象は子どもたちとさせていただきます。

※その他、ご要望に応じて可能な対応をいたしますのでご相談ください。

※できるだけたくさんのふれあいを持っていただくため、1回あたりの定員をある程度決めさせて頂くことがあります。

<命の大切さを感じ学ぶ>

学術的な証明はなく、またそれが動物の本能に従ったものだとしても、動物によって癒される人がいることは事実です。自然や動物と接する機会が少なくなりつつある現代、セラピードックから得られる愛情、生き物から得られる命の大切さを感じて欲しいと願います。動物は人間と言葉を使った意思の疎通ができないからこそ、些細な動きから態度や表情を読み取ろうとします。そしてその行動が表情が人間の心を癒します。セラピードックと触れ合うことで、生きものの暖かさや命の鼓動を実感し命の重さを感じるようになります。

<優しい心を育む>

動物は人間より弱い立場です。また優しく触らなければ嫌がられてしまいます。セラピードックを通じて、弱者をいたわる心と他人に対する思いやりを感じ取って欲しいと思います。

<ご用意いただくもの、場所>

訪問される側で用意するものは特にございません。必要なものはこちらで用意して訪問いたします。場所は基本屋内でお願いしております。屋外でも可能ですが、天候や周りの雑音等がセラピードッグに影響を及ぼすことも考えられるからです。セラピードッグは清潔にして伺いますので、屋内が汚れる心配はございません。

<ドッグセラピーの流れ>

  • 1)ご依頼フォームより、ドッグセラピーのリクエストを送信
  • 2)リクエスト内容を検討し、派遣可能かどうかを判断
  • 3)当日のプログラム等を打ち合せ
  • 4)当日、ご訪問してドッグセラピーを実施

※セラピー犬のリクエストはできません、こちらで状況に合わせて選定させていただきます。

※場所、内容によっては、受けられない場合がございます。

※当日のプログラムについて、条件がつく場合もございます。

ドッグセラピーのご依頼・お問い合わせ

ドッグセラピーの派遣は無料です。(交通費の実費のみご負担ください)ご依頼はここをクリックして、所定の応募フォームからご依頼ください。

また、ご質問もこちらの応募フォームより受け付けております。

現在、お問い合わせが多く電話による受付は行っておりません。恐れ入りますが、所定のフォームよりご依頼ください。

折り返しご連絡させていただきます。

ドッグセラピーのご依頼・お問い合わせはこちら

ドッグセラピー活動の様子

セラピー犬のご紹介

マリノ

ラブラドールレトリバー(雌)